自己破産のメリット・デメリット

自己破産とは、借金の返済に困窮した方が、裁判所に申立書を提出し認められた場合、免責許可をもらい現在ある借金を全て帳消し「0」にしてもらえる手続きのことを言います。
免責許可を得る為には、財産があってならず、ある場合には手放すことも必要になります。

財産も無く返済不能である場合、裁判所は、全ての借金の額・収入・細かな資産などの状況から総合的に免責許可の可否を判断するものです。
自己破産にも、当然メリットばかりではなく、デメリットもあります。

自己破産のメリットは?

手続きすることによって、全ての借金を「0」にすることが出来ます。
人生をリセットして再スタートを切ることが出来るのが、最大のメリットではないでしょうか。

自己破産のデメリットは?

逆にデメリットは、「信用を失う」ということです。
免責後7年~10年は各信用機関のブラックリストに載ることになります。

その間は、新たな借金は出来ません。
どんなに申込みを重ねても、審査が通ることはまず無くなります。

自己破産後は、自身の収入の範囲内で全ての生活を賄わなければなりません。
これまで借金で生活を切り盛りしていた方からすると、非常に厳しい状況にはなります。
一度経験された方であれば、「二度と借金などしない」と強く心に決められるのではないでしょうか。

但し、このデメリットは個人の問題であって、家族には関係はありません。
家族は普通に生活を継続することが出来ます。
自己破産する人の借金の連帯保証人などになっていなければ、これまで通りローンも組めます。

家族が問題なく手続きが出来たならば、その後は何不自由ない生活をおくることが出来るといって良いと思います。
これは意外と知られていない点かもしれません。

手続きには、時間も労力、費用もかかります。

提出資料を揃えるだけでも大変なものなので、司法書士や弁護士などの専門家に依頼することが得策であると考えます。
専門知識も必要なので、個人で申請するのは、かなりハードルが高いと思います。

当然その場合には、少なくない弁護士費用が掛かります。
どれくらいの金額が掛かるのかなど、事前に調べておくのも良いと思います。

参考:自己破産デメリット

自己破産のデメリットはクレジットカードが作れないのが大きい

借金の返済に苦しむ人は、大勢います。
そういった人達にとって、自己破産は一発逆転のような、債務を帳消しにできる唯一・最終の手段です。
しかしながら、破産は良いことばかりではなく、デメリットも存在します。

これは当然のことで、まじめに返済している人間と比較して、何のペナルティも存在しないという事になれば、返済をしようという人間がいなくなり、経済が滅茶苦茶になってしまうからです。

とは言え、具体的に自己破産後の生活がどうなるかと言うと、特に支障が出るようなデメリットはありません。
この制度自体が、困窮している人の経済的な再建を目的としているためです。

そのため、自己破産に伴う制限は、申請から手続き完了までの間に受けるものが殆どであって、免責が許可された後で、生活の上で困るデメリットは一つです。

それは、新たな借金ができないということです。
もちろん、クレジットカードや住宅ローンもデメリットに含まれます。

こういった制限は、金融機関が利用している信用情報センターに、事故者として登録される為に起きることですが、この登録は5年~7年間は削除されない為、その間は新たな借金が出来ないわけです。

しかしながら、もともと返済に困って自己破産を行ったわけですから、ローン・借入などに頼らない生活を構築すべきであることは明白です。
ですので、これは不自由になったと捉えるのではなく、新しい習慣を身に着けているのだと解釈すべきでしょう。